OAファクトリーブログ

中古OA機器の激安販売から買取、メンテナンスサービス

リース契約の良し悪し。

   価格の高い業務用コピー機を
    てっとり早く利用する方法の一つに
    リース契約があります。
    黒字経営で、如何にして経費処理をするか
    悩んでいる会社様にとって、
    経費で落とせるリース契約は
     バブル絶頂期に重宝され世に広まりました。

時の政権は、景気回復を強調しているものの、中小零細企業には
何吹く風の昨今、リユース複合機が注目を集めています。
今この時代でも、揺るがぬ増益を出し続けている会社様には、
ある意味、リース契約は有益かも知れませんが、
最終結果、経理上は負債扱いとなるリース契約は、目先の支払いは
月々で安い感ありますが、支払い総額の多さと、
一度開始したらレンタルなどと違い途中解約が出来ないので
ご契約前に今一度、よーく考える必要があります。

まずリースのメリットとしては、
経費で落とせる、
手持ち資金なくとも、月々わずかな分割支払いで
機械が導入出来る、
落雷など特定障害時、動産保険が適用出来るなどがあります。
デメリットとしては、
一度始まったら残債全額処理するか、残債乗せた新しいリース契約を組まない限り
経営状態が例え悪くなっても、途中でやめる事が出来ない、
リース契約はあくまで物を借りる契約であり、自分の所有物にはならない。
毎月々の支払い額は安いが最終的な支払い総額はとても高い。
数字のマジックで、この支払い総額に皆、目がいかない。

などです。
あくまでアドバイスですので、どちらの選択肢を強要するものでもありません。