OAファクトリーブログ

中古OA機器の激安販売から買取、メンテナンスサービス

職業病になっています。









今、個人的にフジテレビの連ドラ「銭の戦争」に
はまって毎週見ているのですが、実は
このドラマで主人公が勤めている 赤松金融で使用(?)されている
コピー機は、SHARPの新型カラー複合機MX-2610系機でした。
   機械情報:hand:SHARP  MX-2610FN

ドラマに入りこみながらも、仕事柄、背景セットにコピー機が映りこむと
あぁ〇〇だぁと、機種名を叫び、毎度、子供達に怒られています。
実際、ドラマのストーリー内でコピーを使うシーンは殆どないのですが
故に、背景に置いてある機種によっては、
随分良い機械置いてるなぁ、安いコピー機置いてるなぁ…と、
一人ほざいています。
SHARP機は、リコーや、キャノン機と比べ どうしても2流イメージが
強く思われガチですが、ここ最近の最新型機は、その性能もかなり優れており
普通にご使用されるにあたっては、どのメーカー機でも ほとんど差はありません。
ファミリーマートなど(一部店舗除く)では、SHARP新型機が多く
コピーサービスで使用されており、その実力を確認頂く事も出来ます。
お近くに店舗があるようでしたら、是非、一度コピーサービスを
ご利用なされてみて下さい。
ちなみに、半沢直樹が勤務していた東京中央銀行の支店では、
シャープ MX2300シリーズの複合機が並べて使用されていました。
あしからず。