OAファクトリーブログ

中古OA機器の激安販売から買取、メンテナンスサービス

リース契約のよし悪し、、
















本格的に業務を行う会社様にとって、業務用コピー機は必須です。
街の電気屋ですぐ買える家庭用の複合機等は、
小さくて場所も取らず、仕事でのFAX,コピーをほとんど使用しない
会社様には重宝かも知れません。
しかしながら、そこそこ使用される場合
やはり、業務用の複合機、となります。
ただ、業務用機は購入コストが高く、
定価も100万円をゆうに超えます。

そこで、高度成長期の頃より、リース契約という
一時的に大きな支出の要らない利用手段があります。
販売価格100万円のコピー機も、月々1~2万円の低コストで
機械導入が果たせ、そこにかけるべき経費を
違う目的に有効利用が出来ます。
日本の企業の半数以上がこのリース契約に頼り、
高額なコピー機を利用されています。
こんなに便利で、本来、重宝されるべきリース契約。
今日、何でこんなに敬遠され、疎まれるのでしょうか?

そこには、いくつかの原因と理由がありました。

まず、リース契約のメリットですが
一括で、支払いをせず、分割払いで購入が出来ます。
黒字経営の会社様ですと、年次経費で落とせます。
動産保険が付いているので、特定の災害(落雷等)を受けた場合
支払いが免除される場合がございます。

逆にデメリットですが、
営業マンの勧めで契約される際に
あたかもレンタル的な感じの説明で契約されるケースが多いですが
一度リース契約されると、
リース契約期間満了まで、支払い続けねばならなくなります。
万が一、会社が倒産しても、その支払いは代表者様に残り
ご家族が同契約の連帯保証などに入られていると、ツケは残り続けます。
途中でやめられるレンタルになぞられる理由として
リース契約の組み換えがありますが、これも
新しいリース契約に、リース残債がのっているだけで
いわんや、住宅ローンの組み換えと同じで
目先の月額支払いが安くなったと錯覚するものの
その分、支払い期間が延びるだけのものとなります。
話しが違うじゃないか、と販売店に詰め寄り
リース会社と訴訟をされる会社様もよくお見受けしましたが
優秀な弁護士を付けているリース会社に
街の中小企業がかなう訳もありません。

会社経営が順調な頃に、飛び込み営業マン等の勧奨により
リース契約をスタートしたものの 不景気と
業績悪化で、リースが今や完全に足かせとなっている会社様も
決して少なくない事と思われます。

中古コピー機、複合機は現金ご購入となる為、
機械本体の月々のお支払いリスクは残りません。
また、購入金額も新品機の五分の一、十分の一と低価格な為
短いスパーンで、何度も買い替えも可能です。

そして、リース契約の最大の恐ろしい所は
リース支払いを毎月していても自身の持ち物ではなく
あくまでリース会社から借りている物であるという事です。
家でいえば賃貸。
そして、5年、6年というリース契約が終了しても、
今度はその年式古くなった機械に対して
再リース契約という支払いで、だし汁一滴まで搾り取られ続けます。

会社ご経営者様ごとに、様々なお考えがあり、
色々な意味でリース契約をよしとされている社長様も数多く
いらっしゃるのも事実ですので
これは、あくまで個人的主観としてお読み頂けると幸いですが
新品コピー機を15年間第一線で販売して参りました
小生から言わせて頂きますと、
時代ニーズは新品機に近い中古(リユース)機では ないかと、、。

幾ら新品機を死ぬほど安くされても、中古機にはかないません。