OAファクトリーブログ

中古OA機器の激安販売から買取、メンテナンスサービス

今年も 残すこと一ヶ月となりました、、、














早いもので、今年も残すところ あと一ヶ月となりました。
あと、たったの一ヶ月ですよ。
紅葉がきれいなのも もう僅か。
朝晩もすっかり寒くなって、白い息が出るのも時間の問題でしょう。
さて、寒くなってくると、
コピー機にとっては故障リスクが高いシーズンとなります。
特に年式が古いコピー機、FAX機能を使用されていないコピー機は
これからのシーズン要注意!です。
部屋の窓ガラスに結露が出来るようになったら、
コピー機の内部にも結露が出来ている可能性を疑って下さい。
印字ににじみ、シワ、紙詰まりなど 症状出ないように
コピー機の電源は極力切らず、節電モードで使用しましょう。

また、コピー機のある部屋が、一晩で冷え切った場合
暖房で部屋を暖める時に、コピー機の前蓋、横など開けられる箇所を全て開け
室内の温度に適応させてから使用されると良いとも言われています。
そうでないと、暖房で室内が急激に暖かくなる中で
冷え切ったコピー機の内部との温度差で
機械内部に結露が出来る可能性が高いからです。