OAファクトリーブログ

中古OA機器の激安販売から買取、メンテナンスサービス

時間の経つのは早いもので、、

最近、めっきり涼しくなりましたね。
今朝の寒さなどは秋を通り越して冬の足音を感じました。
つい数日前、30°の日があったと思ったら昨日は22°、
気温の変化の激しさに、中々身体が追いついていかず
不覚にも体調不良な日々を送っていますが

皆さんは、体調管理大丈夫でしょうか?
体調管理も仕事の一つ、、ごもっともです。

早いもので、今年も残すところ あと3ヶ月。
例年にも増して早い2016年の4分の3経過でした(※個人差あり)

ついこの間、バカボンのパパの年齢を越えてショックを感じていたら
気付けば、波ヘイの年齢が真近かになってしまいました。
(引用がマンガばかりで御免なさい)
若い頃、親から年齢が増していくと、今よりもっともっと
時間の流れが速くなるよ!と言われていましたが
同じ時間軸の経過なはずなのに、体感的には確かに早く感じる今日この頃。
特に動かないで、ずっと同じ場所に置いてあるコピー機なんぞは
気の利いたおしゃべりする訳でもないので
いつ買ったか?なんて、覚えていません。
先日も6年前にコピー機をご購入頂いたお客様のもとへ

機械年式的に、部品供給終了のため、新しいコピー機のご案内で
お伺いしたのですが、お客様の中でそのコピー機は3年前に購入した事に
なっていました。 きっと、さぞ ご多忙極めた6年間だったのでしょう。
中古コピー機は、スタートが既に中古なので、発売時期は
新品機のように購入時期とは重なりません。
ですから、購入から5年、6年経過しますと
実質発売時期からは、10年以上経過している可能性も十分あります。
多くの企業様は、ご購入タイミングで見図る向きが御座いますが
意外とその点を見落としがちです。
新品機のように、50万も100万もしない
ご購入コストも安い中古コピー機ですので
保守に加入される、されないに関係なく、適度なタイミングで
お買い替えをされるのが、中古コピー機の賢いご利用方法ではないかと
私共は考えます
機械で動くモノ、永久に故障しないことは有り得ないので
転ばぬ先の杖、常にご認識頂くことをご提唱いたします