OAファクトリーブログ

中古OA機器の激安販売から買取、メンテナンスサービス

窓ガラスが曇りはじめたら要注意!!

結露

毎日、朝夕冷え込みもすごくなってきましたが、

歳をとってくると、ろくに飲み物を飲んでもいないのに
トイレに行く回数が増えて、面倒臭いと思う今日この頃です。

ここ最近、ご納品直後の機械不良(?)が何件か報告上がっているのですが
その全てが、寒暖の差による結露が原因の症状のようです。
冷え切った倉庫や、輸送トラックを経由し
お客様の手元に到着した 複合機。
暖かい事務所に到着して いきなり稼動される時に、よくある現象ですが
症状が出てしまった時は、機械の開けられる部分を全て開け広げ
少し室内温度に機械を慣らし、また、50枚くらい
白紙連続印刷などをされてみて下さい。
自動車などもそうですが、寒くなってくると機械が本領発揮するまでに
多少の時間を要する場合があります。

また、ご納品後でも外気が寒くて窓ガラスなどに結露が発生するような
気候条件の日は、機械内部にも結露が発生する恐れがあります。
普通、真夜中は事務所作業されてないので
夜、最後に事務所を離れる方が消灯し、エアコンの電源を切ります。
一晩冷え切った事務所に、朝方出社された社員の方が
電気を点け、エアコンを一挙に稼動させます。
急激に室内は暖かくなっていきますが、コピー機の内部は
その暖かくなる室内のペースに追いつかない場合があります。
すると、コピー機内部に結露が発生し
初動のコピー機印刷がおかしくなる事があります。
朝一番で運悪くこのような印刷となってしまった場合は、
やはり上記のような手順を試されてみて下さい。
窓ガラス近くにコピー機を設置され、太陽の日差しが当たるような場所は
特にご注意下さい。