OAファクトリーブログ

中古OA機器の激安販売から買取、メンテナンスサービス

節電モードについて

 

CA3J1108

 

CA3J2020

コピー機には、電気代を少しでも節約する為に
節電モードが付いてます。
事前の設定にもよりますが、一定時間使用しないと、
自動的に節電モードとなり、操作画面が消灯します。
節電ボタン等を押せば、再び再起動するのですが
この立上げ時間をウォームアップタイムと言います。
よく、スタート(ファーストコピー)時間という表記がありますが
これは、節電モードに落ちていない状態で
すぐコピーが取れるスタンバイモードからコピースタートまでの
所要時間をいいます。
コピーや、FAXのご使用量の多い会社様は、節電モードに
ならない可能性が高いので、ファーストコピー時間は
そのまま信用に足りますが
ご使用量が少ない会社様ですと、いざ、コピーされようとした時
節電モードに落ちている可能性が高いので
1枚目のコピーをされようとした時の体感所要時間は
ウオームアップと、ファーストコピータイの合計タイムとなります。
年式が古いカラーコピー機(主に2010年式以前)などは、
ウオームアップ時間が60秒以上の機種が多く
いざ操作しようとした際に イライラされた社長様も多かったことでしょう。

さて、実はこのウォームアップ時間ですが、
気になる方には、設定で、自動的に落ちる時間を調整できます。
メーカーや、機種によっても
その時間の長短は違いますが、中古コピー機の場合
前のご使用者の使い方が反映されているケースが多く
機械整備の段階でも、故障とかではないので
この部分を見落として出荷する事が多々あり
少しでも使用しないと、すぐ節電モードに落ちてしまい
操作が面倒だ!なんてお声をたまに聞きます。
その際は、デフォルトで変えられますので
ご連絡ください。