OAファクトリーブログ

中古OA機器の激安販売から買取、メンテナンスサービス

新品複合機と、中古複合機の比較検証。

 MX2650FN

CA3J2203

 

コピー機ご購入に際しまして、新品機と中古機という
ご購入の「選択肢」が御座います。
どちらも長所、短所がありますが、
こだわりを除けば、一番大きな判断の分岐点は
お客様ご自身のご使用量となります。
何故?!ご使用量かと云いますと
新品機は、中古機に比較してカウンター保守契約の単価が大幅に安く
目先、すごいお得感を営業マンも推してくるので
一瞬、そちらの方がお得なのか?と皆さん、錯覚します。
しかし、よくよく冷静に考えてみて下さい。
保守単価だけ比較すれば、安い、高い、となりますが
機械の購入代金は、新品機の場合、安くとも40万円以上します。
リース契約だとすれば、総支払額はより多くなります。
月間、カラ印刷だけで、500枚、白黒印刷3千枚以上使われる
お客様は、試算上、高い購入金額をお支払いになられても
新品機の方が最終的にお得となります。

新品コピー機販売店の営業マンも このご時勢、
数字が取れずかなり必死です。
巧妙なトークと
営業マン特有の数字のマジックに翻弄されることなく
まず、即答を避け 一旦、よくよく考えてみて下さい。
そして、5年間の総支払額の整合性を
よく計算されてからのご購入をお勧めします。
しかも、今どきの中古(リユース)コピー機は外装もキレイで
新品機と見紛うほどなので、中古機を買われた当初などは
お取引先がお見えになっても、新品買われたんですか?と
お言葉を頂くと、多くのお客様よりお話しをよくお頂戴します。
お客様の ご商売はこの先もずっと継続されます。
どちらが本当に得か 冷静に吟味下さい。