OAファクトリーブログ

中古OA機器の激安販売から買取、メンテナンスサービス

業務用コピー機、家庭用コピー機 選択分岐点

 ブラザー 

CA3J2021

何度となく、ご説明している複合機の相違点ですが
街の電気量販店へ行くと、FAX,プリンターコーナーがあり

2~3万円から、それなりの装備のある複合機が販売されています。
よく、「うちあたりは、こういう複合機でも十分なんだよな!」と
云われる社長様がおられます。
確かに、目先のご購入価格だけで見てしまいますと
そのご判断は、理解できます。
しかし、安物買いの銭失いにならないように
今一度、ご高察下さい。

月間の印刷枚数が少ない会社さま などは
正直、このような機械でも十分足りるものと推察されます。
判断指標としましては月500枚以下(用紙一包み)のご使用量の
会社さま でしょうか。
もし、これ以上のご使用量がある場合、
消耗品(インク等)のランニングコストや、印刷速度等、使い勝手の
観点から 業務用複合機の方が得策と考えます。
数千円のインクを頻繁に量販店へ買いに行き
だんだんそれも面倒になってリサイクルインク系に走り
より、機械劣化を早めるという悪循環。
最近、よく耳にするメーカー オキにしても、エプソンにしても
数万円の複合機もあれば、数十万円の高額複合機も御座いますが
同じメーカーから価格の違う複合機を発売されているのには
それなりの意味があり、
最低限の求めている機能を装備しているから  これで良いと
安易に安い複合機をお買い求められるのは
本当に安物買いの銭失いになる恐れが多分にあります。
本来、業務用複合機は数十万から百万円を超える高額な商品では
御座いますが、私どもがご販売しております優良中古複合機は
中古という特性上、かなり家庭用複合機の販売価格帯に
肉迫しており、大きなご予算なくお買い求め頂き易くなっております。

業務用機、家庭用機、それぞれメリット、デメリット御座いますが
ご購入金額だけでなく、2年目、3年目も鑑みた
様々な比較ご検討を頂ければ幸いに存じます。
:wakaba::yubiright:お客様の使い勝手、環境をご教示頂ければ
    適切なアドバイスを差し上げております。