OAファクトリーブログ

中古OA機器の激安販売から買取、メンテナンスサービス

一度くせついた部位の故障は 根治しなければ再発します。

紙詰まり2

私はよく、家の廊下の同じ柱に左脚の甲をぶつけます。
何故か ぶつけます。
別に身体がすごく大きい訳(いや多少大きいかも知れません)
でもなく、ただ、そそっかしいのかも知れませんが

毎度、急いでいる時に、同じ曲がり角の同じ場所に、
足の同じ場所をぶつけ、瞬間、足をかかえて大騒ぎします。
学習しない私の身体。 いや、注意不足?!
数え切れない痛みを覚え
先日やっと、その部分を柔らかい布で覆い応急処置を施しました。
コピー機も一度、紙詰まりや故障を起こすと
結構、同じ箇所の事象が続きます。
コピー機は、そそっかしいという事はないでしょうが
一度折った紙の折り目と同じように
同じ部位の故障が続発するケースを多く見受けます。
一度、修理依頼をしたものの
電源再起動したら、普通に使えるようになったので
修理依頼をキャンセルした、なんてことありませんか?
保守契約に加入されていれば、すぐにでもサービスマンを呼び
処方をして頂く事をお勧めしますが、
サービスマンを呼べば、費用がかかってしまう非保守のお客様も
後々、コピー機が止まってしまうことにより
業務に重大な支障が出て、大きな後悔をする前に
修理か、入れ替えか、早めのご判断をされる事をお勧めします。
修理にしても、軽症な内は当面ごまかして、、、という社長様を
よく、お見受けしますが、軽症な内であれば修理代金も安く済んだかも
知れないものを、人の身体と同じで長期間放置してしまった為に
とんでもない修理代となってしまった! なんていう事にならない内に
ご英断をされてみては如何でしょうか?