OAファクトリーブログ

中古OA機器の激安販売から買取、メンテナンスサービス

業務用コピー機といっても何でも出来る訳ではありません!

 用紙2 用紙 用紙3

家庭用複合機の20倍、30倍も購入価格が高い業務用複合機。
さぞかし何でも出来るのでは?と思ってしまいます。
確かに、性能機能の大半は勝っています。
しかし、使い方、使用方法を誤ると 折角の性能を活かせません。
先日も、コピー機をご納品直後のお客様より
印刷の印字が汚くなって出てくると
クレームを頂く事案がありました。
早速、サービスマンを派遣し機械状態を確認させて頂いたところ
厚口の用紙をコピー機の給紙カセットに入れて印刷を行っていました。
大半の業務用コピー機は、家庭用のインクジェット機と違い
厚い用紙や特殊用紙は、手差しで行う仕様となっており
使用前には機会上の設定を行わなければ、印字不良や紙詰まりを起こします。
※但し、リコーなど一部メーカーの最新型機は給紙カセットから直接印刷可能です。
紙の厚さを示す単位で「坪量」というものがあります。
メーカーホームページのコピー機仕様欄には、そのコピー機の
使用許容の用紙坪量が明記されていますので、参考にされてみて下さい。
特にラベル用紙、光沢紙などは、手差しでのご利用をお勧めします。
先ほどの印字不良のご連絡を頂いたお客様のコピー機は
厚い用紙を給紙カセットに入れていたことが原因で
普通のコピー用紙に差し替えて頂いたら、印刷がキレイになりました。
また、用紙にはインクジェット用と、レーザー用となっているモノも
ありますが、それを間違えるだけでも印字不良や紙詰まりを起こします。