OAファクトリーブログ

中古OA機器の激安販売から買取、メンテナンスサービス

コピー機の認証セキュリティ

 Businessman using digital padlock with data protection 3D render 

CA3J0031

 

情報漏えいや、不正使用など、多くの会社情報を印刷出来るコピー機は
様々な不安材料をもっています。
そこで、コピー機の機能の一つ、セキュリティ認証があります。
ユーザー認証を設定した複合機では、パスワード入力やICカードによって
ログインしたユーザーだけが 複合機を利用できるようになり
セキュリティレベルが向上します。
また、複合機の利用履歴(ジョブログ)やユーザーカウント情報を
個別にチェックできるので、利用状況管理が可能になります。
さらにユーザー毎に「使用枚数」や「利用可能な機能」等に制限を
設けることも可能で、きめ細かな管理を行うことができます。
先日も、とあるコピー機ご納品先部長様より、
「最近、こちらが把握している使用量ではなくなってきているので
日々の業務で、誰が何枚印刷しているのか知りたい!」との要望が
ありましたが、まさに、そのご要望に打って付けの機能です。
コピー、プリンターどちらの動作にも、いちいち認証番号
入力しないと印刷が出来ないという ひと手間はありますが
各スタッフ別の管理もしやすくなり、現場スタッフ云々というよりは
経営者サイドの方が、よく求められる機能かも知れません。
ある一定年式以降の複合機であれば、全メーカー機に、この機能があり
その設定を行うことで、機能が作動します。
先日も、レンタルオフィスを開設された会社様が、この機を活用し
レンタルオフィスの顧客にコピー機貸し出しをされておられました。
コピー機使用都度に、スタッフが絡まなくても
各利用者の使用枚数が把握できます。

詳しくは、スタッフにお問い合わせ下さい。