OAファクトリーブログ

中古OA機器の激安販売から買取、メンテナンスサービス

コピー機の電源付近は どのようになっていますか?

 タコ足配線① タコ足配線②

皆さんのコピー機の電源コンセントの元付近は、どのようになっていますか?
長い歳月の間に、書棚や、机などが所狭しと並び、
いつしか電源の配線も元の場所まで辿れなくなってしまい
機械交換をしても、前のコンセントをそのまま使用なんて事よくあります。
皆さんのオフィスでは、上記、写真のようなタコ足接続していませんか?
特に、一つで3口などの電源口があるモノは、場所も取らないので
重宝されがちですが、出来れば埃防止機能も付いた電源タップを
ご用意頂き接続し直しされることをお勧めします。
特にコピー機は、用紙が排出される瞬間、電子レンジ並みの
高電圧を必要としますが、高い電気消費物、
例えば、電子レンジ、エアコン、他のプリンターなど
同じ元電源口から一緒にとられていると、電力落ちの原因となる恐れがあります。
仮に30アンペアまで可能な事務所があるとして
10アンペアまで電気を喰う電化製品を3台同時使用が可能かと
思われがちですが、部屋には、電源のゾーン区分があり
同じゾーンで、上記のような高電力の機械を集中させてしまうと
すぐ、とびます。
近年のコピー機の大半は 節電モードが装備されているので
通常使用されない待機状態の際は問題ないのですが
いざ使用される時に、最大消費電力を消費する可能性があり
注意が必要です。
停電など、不可抗力的に機械電源が落ちてしまう事は仕方ないと
思いますが、パソコンと同様で、予期せぬ強制終了(電源落ち)を
繰り返し続けますと、機械故障の要因となります。
よく、コピー機故障をしますと
中古だからね、、と、決め付けたかのように云われる方が
たまにおられますが、このような原因での故障は
とても残念に思います。
折角、お買い求めされたモノなわけですから、大切にご利用頂き
少しでも寿命長くご使用頂けますよう、切に願います。