OAファクトリーブログ

中古OA機器の激安販売から買取、メンテナンスサービス

お買い求めしやすい中古コピー機、 されど中古機。

CA3J2283

ものすごく細かく多くの部品、パーツで構成されている
業務用コピー機。

私共は お客様が気持ちよく
そして少しでも長く快適にご使用頂けますよう
規定のマニュアルに従い、最適な整備を施し
機械出荷をさせて頂いております。
しかしながら、機械で動くモノは自動車でも、電車でも、コピー機でも
永久に壊れないという事はありません。
私共でご販売後、5年6年と経過しても、
一度の故障もなくご利用されておられるお客様のお声も数多く頂戴して
おりますが、残念ながら半年目くらいに
故障修理のご依頼を頂くお客様もいらっしゃいます。

お客様の使い方に問題がある場合も御座います。
先日も、とあるお客様から大声を張り上げてクレームのお電話頂き
サービスマンを急行させたところ
その少し前にビルの電気工事が入り、何回か強制的に
電気が消灯したという情報を頂き、結果、そのことが原因で
コピー機の電源基盤がショートを起こしていたという事案がありました。
また、冬場キンキンに冷えた事務所に、人が入室して暖房を入れ
コピー機内部に結露が発生しての印刷不良
沢山の印刷排出を行い、頻繁の紙詰まりをまねき、取り除き
内部の爪をお客様が折ってしまった、という事もありました。
勿論、機械運もあったかも知れません。

もし、故障に少しでもご懸念が御座います場合
保守契約へのご加入を強くお勧めします。
ご販売担当としまして辛いのは、ご導入後 運悪く
数ヶ月目で不慮の故障が発生してしまった時です。
その例こそ少ないですが
そのお客様は例外なく、まだ入れて1年も経ってないのに、
と言われます。
中古コピー機をご理解頂いて、お買い求め頂いておられるはずなのに
いつのまにやら新品コピー機をお買い求めされたような
感覚になられてしまう方が稀にいらっしゃるようです。
健全な自動車でも、距離走行を重ねていきますと、
ブレーキパットは減り、色々磨耗、消耗していく部分があります。
逆に全く乗られなくとも、自動車にはよくないと云います。
コピー機でも、いくら丁寧にご利用されていても
ノーメンテナンスで進行していきますと
どうしても磨耗するヘッドやローラーなど、
機械内部的に劣化していく部分が沢山あります。

保守に加入されないお客様の多くは、「そう簡単に壊れないでしょ?」と
言われます。 当然、すぐ壊れないように事前万全整備こそしておりますが
100%絶対壊れないという保証は出来ません。

故障が嫌、そんな時に、大きく費用をかけたくない、という方は
絶対に保守契約にご加入されるべきですし、
逆にご加入されない場合は、ケースこそ少ないですが
様々な故障の可能性を想定、覚悟される必要があると思います。

誰も故障して嬉しい人はいないでしょうし
販売側もわざわざ判っていて、すぐ故障しクレームを頂くような
コピー機を販売するはずがない事をご理解下さい。
しかしながら、5%くらいの確率で、1年以内に故障が発生してしまう
リスクを事前に想定、ご判断された上でのお買い物をお勧めします。
そして、どうしても不安感が拭えない方は  やはり保守契約にご加入下さい。

ご販売時、たまに、そういった事も含めて
すごくご理解の深い社長様もいらっしゃいます。

「中古コピー機は、新品機の五分の一、十分の一の価格で買えるんだから
壊れた時にはまた買い換えれば良いし、毎月の支払いがわずらわしいから
保守契約には入らない」と。
売り手の私共も ぐーの音も出ない一言。
竹を割ったようなお考え方の 気持ちよい社長様。
このように もうそういうリスクも含めて解っていらっしゃるお客様には
当然、保守はお勧めしません。