OAファクトリーブログ

中古OA機器の激安販売から買取、メンテナンスサービス

じめじめ 梅雨シーズン到来となりました。

 コピー紙詰まり2 

今年も梅雨シーズンの到来となりました。
恵みの雨を必要とされている業種の方もいらっしゃるので
むげな発言も出来ませんが
個人的には、雨天時に屋根のない場所での車の乗降が大嫌いです。

さて、このシーズンに多いコピー機トラブルとしまして
紙詰まりがあります。
紙詰まりについては様々な原因があり
用紙を運ぶ役目を担う給紙ローラーの汚れや磨耗
定着ユニットや、転写系パーツの不良
そして、このシーズンに一番多いのが、用紙の微妙な膨張によるもの。
コピー用紙自体が、ミリ、ミリミクロンの厚さ(用紙種類により)なので
正直、見た目では判断しにくいですが
ペラペラの用紙が若干膨張するだけで紙詰まりは起きます。

対処術としましては
コピー機用紙トレイの空いているスペースに
お菓子袋などにも用いられる乾燥剤を入れる
まめに用紙を全部取り出し、用紙をパラパラはじきながら息を吹きかける。
コピー機の電源は切らない。
室内の空調(除湿)管理 などがあります。
僅かな電気代をケチり
従業員たちが汗をかきながら仕事に従事している、なんていう環境に

コピー機が置かれていたとしたら要注意です!
経費垂れ流しの抑止は大切ですが
ほどほどにされないと、万単位で違う損を出してしまうかも知れません。